Recruit info採用情報

Top > Recruit info > よくある質問

よくある質問

FAQ

応募・選考について

  • Q01

    採用選考はどのように行われますか?

    A

    選考は、面接と適性検査を行ない、それらの結果を総合的に判断させて頂きます。
    面接は全て個人面接を予定しており、お一人ずつお話を伺います。 最終選考は原則としてご来社にて面接へ参加頂き、ご自身が働く環境を実際に確認することで、入社への不安を取り除けるように配慮しております。

  • Q02

    学部卒業と大学院修了で仕事内容や採用方法における違いはありますか。
    また、水晶デバイスそのものの研究はしていないのですが、応募は可能ですか。

    A

    仕事内容や採用方法に差はありません。また、学部卒業と大学院修了別の採用人数枠も設定しておりません。
    現在活躍している社員においても、当社の専門分野である「水晶デバイス」の研究を学生時代に行った、という者は、実はそう多くはありません。 学生時代にしっかりと勉強や研究に取り組み、入社後には学生時代に身につけた知識を活かしながら、 新しい事を積極的に学んでいける方にご入社頂きたいと考えています。
    「水晶デバイス」についての知識は入社後の技術研修や、製造実習、OJTを通じて習得して頂きますのでご安心ください。

  • Q03

    すでに学校を卒業していますが、新卒採用への応募は可能ですか。

    A

    卒業・修了後3年以内で正規雇用での就業経験が無い方については、在学中の方と同様、新卒採用へのご応募を受け付けております。また、第二新卒(正規雇用での就業経験が3年程度の方)についても新卒採用での就職を希望される場合はご応募可能です。

  • Q04

    日本に留学中の外国人ですが、応募はできますか。

    A
    外国人留学生の方も、日本の学生と同様にご応募いただけます。募集要項をご確認の上、希望の職種にご応募下さい。
  • Q05

    障がい者採用を行っていますか。

    A
    障がい者の方も、ご応募を受け付けております。募集要項をご確認の上、希望の職種にご応募下さい。
  • Q06

    採用選考時の必要提出書類について教えて下さい。

    A

    最終選考までに、履歴書、成績証明書、卒業・修了(見込)証明書をご提出頂いております。また、内定承諾時には、こちらからお送りする誓約書と学校推薦書(技術系のみ)をご提出頂きます。

配属・勤務地について

  • Q07

    配属はどのように決まるのですか?

    A

    当社は総合職採用です。配属については、本人の希望を考慮しつつ、採用試験時の面接や新入社員研修等を通じて、本人の適性・能力などを判断した上で、会社の人員計画に基づいて決定します。

  • Q08

    仕事で英語を使う機会はどれくらいありますか。

    A

    当社は海外売上高比率約80%のグローバルメーカーですので、営業関係の業務を行う社員を中心に、海外のお客様や海外グループ会社とのコミュニケーションで英語を使う機会は非常に多くなっています。
    技術系の方も、海外の製造拠点とのやりとりや、英語で書かれた最新の技術論文・仕様書を読むなど、英語を使う機会は少なからずあります。

  • Q09

    海外で仕事をするチャンスはありますか?

    A

    海外勤務については、部署や担当クライアントによって頻度は異なりますが、海外出張や海外転勤(出向)の機会があります。
    現在当社の海外拠点に出向して駐在勤務している社員は、技術担当・営業担当・管理職など合計して約30名程度です。

福利厚生・教育について

  • Q10

    寮・社宅はありますか?

    A

    独身寮は、原則として自宅から通勤不可能な技術系新入社員の入寮が可能です。
    その他、会社都合による転勤時に適用される借上げ社宅制度があります。

  • Q11

    年間休日・有給休暇はどの位ありますか?

    A

    当社では企業独自カレンダーを採用しており、年間休日は128日です。
    有給休暇は初年度に15日間が付与され、次年度からは毎年20日間が付与されます。また、その年に使い切れなかった年次有給休暇を積み立てて、傷病・子の看護・介護などの休業の際に使用できる制度もあります。その他各種特別休暇や、リフレッシュ休暇制度もあります。リフレッシュ休暇は、勤続10年以降5年毎の節目に、社員の心身のリフレッシュを目的に、3~5日の休暇を年次有給休暇とは別に付与するものです。

  • Q12

    育児支援・介護支援制度について教えてください。

    A

    各種制度の概要は以下の通りです。
    【育児支援制度】

    • 妊娠中の通勤緩和措置
    • 妊娠中の通院時間確保
    • 産前産後休暇
    • 育児休業
      子が満1才に達する月の月末まで。(保育園に入所できない等の事情がある場合は、最大2才に達するまで。 )
    • 短縮時間勤務
      子が小学校卒業まで。
    • 子の看護休暇
      子1人の場合、年間5日。2人以上の場合は年間10日。
    • 時間外労働の制限・深夜労働の制限

    【介護支援制度】

    • 介護休業
      1ヶ月以上1年まで。
    • 短縮時間勤務
      通算3年以内。
    • 介護休暇
      対象家族1人の場合、年間5日。2人以上の場合は年間10日。
    • 時間外労働・深夜労働の制限

    ※上記は制度の概要であり、詳細は社内規程による。

  • Q13

    新入社員の教育制度について教えて下さい。

    A

    入社後、まず2週間程度の集合研修を実施し、会社の概要や社内規程など当社社員として必要な知識や、ビジネスマナーなど社会人としての基礎知識を身に付けて頂きます。
    その後、事務系社員はOJT教育、技術系社員は専門教育プログラムとOJT教育を行っています。また、グローバル企業として、各研修と並行して英語研修も実施しています。

  • Q14

    研修や勉強会、自己啓発の機会はありますか?

    A

    ベースとなる教育として、新入社員研修、階層別研修(2年目研修、中堅社員研修、管理者基礎研修、管理職研修、新任役員研修等)があります。また技術系社員向けには、階層別の各種専門教育が技術部門にて企画・運用されています。それ以外にも若手営業社員向けの技術勉強会や、技術部門が研究の成果を発表・共有する技術討論会などが月に一度のペースで開催されています。技術討論会の集大成として、年に一度「サイエンスフォーラム」という発表会が行われます。各技術部門が出展するポスターセッションや、顕著な研究内容の檀上発表など、学会に近い雰囲気のイベントです。
    また、自己啓発の場として、通信教育を開講しており、費用の半額を会社が負担します。英語、マネジメント知識、パソコンスキル、技術講座など多数のコースが受講可能です。

その他

  • Q15

    文系なので電子デバイス等の理系分野の知識がほとんどありません。
    営業職として働くにあたって、製品知識はどうやって身に付けたらいいのでしょうか。

    A

    当社で活躍している営業部門の社員もほとんどが文系の出身です。「水晶デバイス」についての知識は、入社後の営業研修やOJTを通じて習得して頂きますのでご安心下さい。もちろん、基本的な電気電子の知識があった方が理解は早いと思いますが、何より大切なのは積極的に自分から学び、習得していく姿勢です。

  • Q16

    環境対策として何か取り組んでいますか?

    A

    当社では、循環型社会システムの構築を目指し、鉛フリー化活動に始まり、グリーン調達への対応や省電力化、CO2の排出量削減活動等、様々な取組みを行っています。また、環境マネジメントの国際規格であるISO14001の認証を国内外の生産拠点で取得し、グループをあげて環境保全活動を推進しています。