Recruit info採用情報

Top > Recruit info > 求める人材像

求める人材像

Recruit

未来を想像し、
つくる仕事に挑もう
取締役 常務執行役員
管理本部長
竹内 謙

未来に資する、キーデバイス

私たちが暮らす社会は、劇的に変化し続けています。テクノロジーの進化によって、ビジネスのスピードも向上しました。製造業も劇的に変化するテクノロジーに対応して、これまで以上に開発のスピードを上げていくことが求められています。これまでは、お客様からの「こういう製品がほしい」というオーダーを受けてから、それをつくり、納める受動的なスタイルでお客様に満足してもらえました。当社には長い歴史で培われた高い技術力と信頼があり、そのやり方でも十分にお客様に満足して頂くことができました。

しかし、これからは違います。世の中の変化を敏感に察知し、未来がどうなるかを想像し、主体的に価値を創造し、提案する----。私たちには、能動的に、チャレンジングに未来を変えていく力が求められているのです。

水晶デバイスは、電子機器に欠かせないキーデバイスです。その製品は世の中の発展を支える重要な意味を持ち、未来そのものをつくっていく力があります。例えば、新しい通信規格として注目される5G。私たちは5G対応スマートフォンに搭載されるICが求める性能を、世界で初めて実現し、5Gの幕開けに貢献しました。この製品に関する研究開発が始まったのは、今から5年以上前のことです。NDKは、まだ誰も想像していないような未来をお客様と共に見据え、それを実現する使命を担っているのです。

求めるのは、想像と挑戦

「未来を見据え、卓越した技術とアイデアでそれを実現する」。NDKのさらなる飛躍を見据える上で、私は、これから入社してくる皆さんに「二つの力」を求めています。

一つ目は「想像力」です。お客様からのオーダーを受けて、その機能を満たした製品をつくり、納めるという受動的な仕事に終始するだけでは、今後の劇的に変化する社会に十分な貢献ができません。技術者に求められるのは、その先に想像力を働かせることです。一つのオーダーから、世の中がどうなっていくのか、そのためには、どのような技術や機能が必要なのかを考える。すると、能動的な工夫やアイデアが生まれ、新たなビジネスチャンスにつなげることができるでしょう。また、営業担当者であれば、新たな提案・お客様・ビジネスが浮かび上がってくるでしょう。今、手掛けている仕事の「その先」を考えることで、可能性は無限に広がっていくのです。

二つ目は、「挑戦する力」です。言うまでもなく、私たちはテクノロジーの会社であり、技術者の好奇心・アイデアは価値創造の源泉となるものです。前例にとらわれず、チャレンジしていく姿勢がなければ、新たな可能性も生まれません。営業担当者についても同じことが言えます。常に新たな可能性を模索し、何が必要かを考え、失敗を恐れず、踏み出していく。そうした姿勢を貫いて初めて新たな市場を開拓していくことができます。

ただし、正確に未来を見通せる人など存在しませんし、すべてのチャレンジを成功させることもできません。大切なのは、失敗を恐れず、その姿勢を貫くことです。私たちは、皆さん一人ひとりの「私はこう思う」「こうしたらどうだろう」「チャレンジしたい」という意欲に大きな期待を寄せているのです。

一人ひとりの挑戦を支援する

今、NDKは変革の真っただ中にあります。人事評価制度を刷新して、誰もが、正当に評価される仕組みを構築しているところです。また、企業文化・組織風土改革を担う「NNN(NDK New Next)プロジェクト」も発足しました。私自身がリーダーを務める同プロジェクトには、部門の垣根を越えて有志のメンバーが集い、組織や風土、仕組みの改善をボトムアップで経営陣に提案しているのです。

会社を良くしていく取り組みに、近道はありません。今までのやり方を、皆さん一人ひとりのアイデアでちょっとずつ変えていく。そういう小さな挑戦の積み重ねが重要だと思っています。社員の一人ひとりが、どうすれば会社が良くなるのかを考えてチャレンジし続ければ、一つ一つの効果は小さくても、束ねれば大きな進歩につながっていくことでしょう。 人事部門を預かる役員として、私は、皆さんが心から仕事を楽しみ、一人ひとりの意志を尊重し、価値創造に邁進できる環境を用意することに全力を尽くします。皆さんと共に、未来を想像し、変化に対応し、困難な仕事に挑み、そして会社全体で喜びを共有しながら、まだ誰も見たことの無い未来をつくるモノづくりをしていきたいと思っています。